江戸前高級魚 男の料理レシピ 飲み過ぎ注意 サーバ構築 横浜散歩道
あみ〜ごのblog 問い合わせ
  本日も晴天なり  


  ♠ 真夏でも肌寒さを感じる標高3,000Mの魅惑の世界にとりつかれて、…既に20年以上。
  ♠ 北アルプスの表銀座/後立山方面を中心とした、単独縦走の徒然なる記録です。
  ♠ 残雪に包まれた春の穂高連邦から、真夏の日差しを受けた槍ヶ岳、行き交う人を見ない水晶岳…。
  ♠ 凍り付くような厳冬期…、真冬の白い壁に囲まれた五竜岳は、夏とは異なる様相を現します。
  ♠ それにしても人は何故、山に登るのか? それは…、そこが『太陽に近い場所』だから…?


▼エリア▼ ▼期間▼ ▼最終到達地▼ ▼標高点▼ ▼コメント▼
12 北関東 2014/10/25-26 雲取山 2,017M 北アルプスから北関東へレベルダウン !?
11 後立山 2012/10/05-07 五竜岳 2,814M 唐松から五竜へ絶景後立山の縦走
10 表銀座東 2011/07/16-17 大天井岳 2,922M 北アルプス3大急登・合戦尾根を越えて
9 南八ヶ岳 2009/09/21-22 赤岳 2,899M たまには趣向を変えて八ヶ岳へ
8 穂高 1999/09/27-28 西穂高岳 2,909M 数年振りの復帰登山
7 三俣 1992/08/01-03 水晶岳 2,986M 人の立ち入らない絶好地域
6 穂高 1992/03/22-24 西穂高岳 2,909M 豪雪の西穂高岳に挑む
5 1991/08/16-18 槍ヶ岳 3,180M 東鎌尾根を含む槍ヶ岳大縦走
4 後立山 1991/05/03-05 五竜岳 2,814M 雪の後立山・五竜岳
3 穂高 1991/04/19-21 西穂高岳 2,909M 春まだ遠い西穂高岳を訪ねて
2 後立山 1990/08/17-19 天狗の頭 2,812M 後立山のハイライト・不帰キレット縦走
1 穂高 1990/07/12-14 奥穂高岳 3,190M 北アルプスの最高峰・奥穂高岳