江戸前高級魚 男の料理レシピ 飲み過ぎ注意 本日も晴天なり 横浜散歩道
あみ〜ごのblog 問い合わせ
  Solaris de サーバ構築
Linux de サーバ構築
 


  ♠ SolarisやLinuxをベースとしたネットワークサーバの構築記録を書き留めています。
  ♠ ハードウエア選定やOSインストール、IP設定などの基礎事項は省略しています。
  ♠ OSによって多少の相違点がありますので、各システム環境に合わせた調整が必要となります。
  ♠ GNUのgccやgunzipなどの各種ツールは、事前に用意(インストール)していることを前提としています。
  ♠ インストールに際しては各ドキュメント(READMEやINSTALL.txtなど)を通して理解することが最優先です。


▼OS▼ ▼Software▼ ▼構築するサーバプロジェクトのテーマ▼ ▼備考▼
22 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ脆弱性対策
21 Linux RHEL6 Linux + bondingによるネットワーク冗長化
20 Linux CentOS6 apache2 Linux + apache2によるHTTPSサーバ構築
19 Linux Ubuntu14 WordPress Linux + WordpressによるBlogサーバ構築
18 Linux CentOS6 qmail Linux + qmailによるメールサーバ構築
17 Linux CentOS6 openssh Linux + sshdによるSSHサーバ構築
16 Linux CentOS6 proftpd Linux + ProftpdによるFTPサーバ構築
15 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ構築
 
14 Solaris10 perl ASP版・行動予定表(e-ホワイトボード)
13 Solaris9 OpenSSL httpsセキュア・サーバ構築(自己認証)
12 Solaris9 OpenSSH OpenSSHによるSSHサーバ構築
11 Solaris10 Solaris10 Solaris10のシステム構築とセットアップ
10 Solaris10 MovableType MovableTypeによるBlogサーバ構築
9 Solaris10 html 初心者のためのHTML入門
8 Solaris9 qmail qmailによるPOP before SMTPの導入
7 Solaris2.6 外部からの不用な侵入を防止する
6 Solaris2.6 samba ファイルサーバの構築(NFS & SAMBA)
5 Solaris2.2 pppd pppdによるダイヤルアップサーバの構築
4 Solaris9 tcp_wrappers tcp_wrappersによるアクセス制御
3 Solaris9 apache apacheによるWebサーバ構築
2 Solaris2.6 sendmail sendmailとCFでメールサーバの基本設定
1 Solaris9 bind9 bind9によるDNSサーバの設定


  ◆ Linuxでbonding設定 ◆ − Bonding でLinuxネットワークの冗長化 −
 
  ネットワーク冗長化を担う"bonding"は複数のNIC(LANポート)を
用いてNICの冗長化や負荷分散を可能にする。
  ここででは、Linuxサーバ(RHEL6)をベースにbondingを構成する。
  ■設定条件■
・bond0構成eth0, eth2(primary=eth0)
・bond1構成eth1, eth3(primary=eth1)
・bond0 IPアドレス10.52.2.169
・bond1 IPアドレス172.16.1.32
・ゲートウエイ10.52.2.188
・ネットマスク255.255.255.224
・ネットワークxxx.xxx.xxx.yyy
・DNSアドレス218.176.253.65
・2ndDNSアドレス218.176.253.97
・bondingオプションmode=1, miimon=100, updelay=500
・LinuxOSRHEL6
  ■ethネットワークの設定■ % su Passwd: # cd /etc/modprobe.d # vi bonding.conf # cat bonding.conf alias bond0 bonding alias bond1 bonding # cd /etc/sysconfig/network-scripts # cp ifcfg-eth0 ifcfg-bond0 # cp ifcfg-eth1 ifcfg-bond1 # vi ifcfg-eth0 ※eth0をbond0のスレーブとして設定 # cat ifcfg-eth0 DEVICE=eth0 UUID=e16d796bd-9703-xxxx-xxxx-aabbddeeooxxx ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=yes BOOTPROTO=none HWADDR=D8:9D:88:xx:xx:7A USERCTL=no MASTER=bond0 SLAVE=yes # vi ifcfg-eth2 ※eth2をbond0のスレーブとして設定 # cat ifcfg-eth2 DEVICE=eth0 UUID=e16d796bd-9703-xxxx-xxxx-aabbddeeooxxx ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=yes BOOTPROTO=none HWADDR=D8:9D:88:xx:xx:7C USERCTL=no MASTER=bond0 SLAVE=yes # vi ifcfg-bond0 ※bond0マスターの設定 # cat ifcfg-bond0 DEVICE=bond0 BOOTPROTO=none IPADDR=10.52.2.169 BOOTPROTO=none ONBOOT=yes USERCTL=no GATEWAY=10.52.2.188 NETMASK=255.255.255.224 NETWORK=xxx.xxx.xxx.yyy DNS1=218.176.253.65 DNS2=218.176.253.97 BONDING_OPTS="mode=1 miimon=100 updelay=500 primary=eth0" ※primaryは省略可 # vi ifcfg-eth1 ※eth1をbond1のスレーブとして設定 # cat ifcfg-eth1 DEVICE=eth1 UUID=e16d796bd-9703-xxxx-xxxx-aabbddeeooxxx ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=yes BOOTPROTO=none HWADDR=D8:9D:88:xx:xx:7B USERCTL=no MASTER=bond1 SLAVE=yes # vi ifcfg-eth3 ※eth3をbond1のスレーブとして設定 # cat ifcfg-eth3 DEVICE=eth0 UUID=e16d796bd-9703-xxxx-xxxx-aabbddeeooxxx ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=yes BOOTPROTO=none HWADDR=D8:9D:88:xx:xx:7D USERCTL=no MASTER=bond1 SLAVE=yes # vi ifcfg-bond1 ※bond1マスターの設定 # cat ifcfg-bond1 DEVICE=bond1 BOOTPROTO=none IPADDR=172.16.1.1 BOOTPROTO=none ONBOOT=yes USERCTL=no GATEWAY=10.52.2.188 NETMASK=255.255.255.224 NETWORK=xxx.xxx.xxx.yyy DNS1=218.176.253.65 DNS2=218.176.253.97 BONDING_OPTS="mode=1 miimon=100 updelay=500 primary=eth1" ※primaryは省略可 ■NetworkManagerの停止■ ※bondingを構成するには"NetworkManager"を停止する必要がある # chkconfig --list NetworkManager NetworkManager  0:off  1:off  2:on  3:on  4:on  5:on  6::off # chkconfig NetworkManager off # chkconfig --list NetworkManager NetworkManager  0:off  1:off  2:off  3:off  4:off  5:off  6::off ■bonding構成の確認■ # service network restart ※ネットワークを再起動してbondingを有効化 各NICへネットワークケーブルを接続し、各々のNICでの冗長化・疎通確認を行う。 //// ネットワーク接続の冗長化ができていればbondingの構築は完了です //// 目次に戻る



WEB行動予定表 無料トライアル - スマホで社員のスケジュール管理
広告  www.linux55.com/
スマホやPCで社員・スタッフの行動予定を一元管理。クラウド対応のWEBホワイトボード