江戸前高級魚 男の料理レシピ 飲み過ぎ注意 本日も晴天なり 横浜散歩道
あみ〜ごのblog 問い合わせ
  Solaris de サーバ構築
Linux de サーバ構築
 


  ♠ SolarisやLinuxをベースとしたネットワークサーバの構築記録を書き留めています。
  ♠ ハードウエア選定やOSインストール、IP設定などの基礎事項は省略しています。
  ♠ OSによって多少の相違点がありますので、各システム環境に合わせた調整が必要となります。
  ♠ GNUのgccやgunzipなどの各種ツールは、事前に用意(インストール)していることを前提としています。
  ♠ インストールに際しては各ドキュメント(READMEやINSTALL.txtなど)を通して理解することが最優先です。


▼OS▼ ▼Software▼ ▼構築するサーバプロジェクトのテーマ▼ ▼備考▼
22 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ脆弱性対策
21 Linux RHEL6 Linux + bondingによるネットワーク冗長化
20 Linux CentOS6 apache2 Linux + apache2によるHTTPSサーバ構築
19 Linux Ubuntu14 WordPress Linux + WordpressによるBlogサーバ構築
18 Linux CentOS6 qmail Linux + qmailによるメールサーバ構築
17 Linux CentOS6 openssh Linux + sshdによるSSHサーバ構築
16 Linux CentOS6 proftpd Linux + ProftpdによるFTPサーバ構築
15 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ構築
 
14 Solaris10 perl ASP版・行動予定表(e-ホワイトボード)
13 Solaris9 OpenSSL httpsセキュア・サーバ構築(自己認証)
12 Solaris9 OpenSSH OpenSSHによるSSHサーバ構築
11 Solaris10 Solaris10 Solaris10のシステム構築とセットアップ
10 Solaris10 MovableType MovableTypeによるBlogサーバ構築
9 Solaris10 html 初心者のためのHTML入門
8 Solaris9 qmail qmailによるPOP before SMTPの導入
7 Solaris2.6 外部からの不用な侵入を防止する
6 Solaris2.6 samba ファイルサーバの構築(NFS & SAMBA)
5 Solaris2.2 pppd pppdによるダイヤルアップサーバの構築
4 Solaris9 tcp_wrappers tcp_wrappersによるアクセス制御
3 Solaris9 apache apacheによるWebサーバ構築
2 Solaris2.6 sendmail sendmailとCFでメールサーバの基本設定
1 Solaris9 bind9 bind9によるDNSサーバの設定


◆ Blogサーバの構築 ◆−Movable Typeによるサーバ構築−
 
プラットフォームはSolaris10(x86)、Webサーバはapache2、RDBはMySQLを選択し、Blogサーバは
Movable Typeとした。OSにSolaris10を選択したことで、apacheやMySQLはインストール済みのため
用意に導入することができるので、その利点は非常に大きい。
ここでは、apache2やMySQLの導入は事前準備として簡単に説明した後に、 Movable Typeを用いた
Blogサーバの構築手順を示します。

MovableType(無償版)の最新版:MT-4_261-ja.zip
Webサーバの導入apache2
RDBの導入MySQL
PerlモジュールInstallCPANSunStudio12ml-solaris-x86-200709-pkg.tar.bz2
Blogサーバの構築Movable Type4

.
Webサーバの導入(apache2)
$ svcs -a | grep apache2
disable         10月_10  svc:/network/http:apache2
% su root
Passwd:
# cp /etc/apache2/httpd.conf-example /etc/apache2/httpd.conf
# vi /etc/apache2/httpd.conf
# /usr/apache2/bin/apachectl configtest		← configチェック
Syntax OK

# svcadm enable apache2				← apacheの有効化と起動
# svcs -a | grep apache2
online         10月_10  svc:/network/http:apache2
# ps -ef | grep httpd
    root   544     1   0  10月 10 ?           0:02 /usr/apache2/bin/httpd -k start
    apache 690   544   0 22:16:21 ?           0:00 /usr/apache2/bin/httpd -k start
    apache 694   544   0 22:32:48 ?           0:00 /usr/apache2/bin/httpd -k start
    apadhe 688   544   0 22:12:28 ?           0:00 /usr/apache2/bin/httpd -k start
    root   966   962   0 04:10:35 pts/3       0:00 grep http
.
RDB(MySQL)の導入
% su root
Passwd:
# /usr/sfw/bin/mysql_install_db				← 以下でMySQLのセットアップ
# groupadd mysql
# useradd -c "MySQL Server" -d /dev/null -g mysql -s /bin/false mysql
# chgrp -R mysql /var/mysql
# chmod -R 770 /var/mysql
# installf SUNWmysqlr /var/mysql d 770 root mysql
# cp /usr/sfw/share/mysql/my-medium.cnf /var/mysql/my.cnf
# wget http://cuddletech.com/opensolaris/sfm/mysql.xml			← mysql.xmlの入手
# mv mysql.xml /var/svc/manifest/network
# svccfg validate /var/svc/manifest/network/mysql.xml
# svccfg import /var/svc/manifest/network/mysql.xml
# svcadm enable mysql
# svcs -a | grep mysql
online         10月_10  svc:/application/mysql:default
# /usr/sfw/bin/mysqladmin -u root password root_passwd
# /usr/sfw/bin/mysqladmin -u root -p create mt			← MT用DB(mt)の作成
Enter password:
# /usr/sfw/bin/mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 51 to server version: 4.0.31

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the buffer.

mysql>grant all privilleges on mt.* to scott@localhost identified by 'tiger';
Query OK, 0 rows affected (0.00)
			※ mysqlコマンドでMySQLのユーザ(scott)/パスワード(tiger)を設定
mysql>quit
Bye
# 
.
PerlモジュールのInstall
 
Sun Studio 12のインストール
   Sun Microsystems社のサイトより"SunStudio12"をダウンロード

% su root
Passwd:
# mkdir /opt/src/SunStudio12
# mv SunStudio12ml-solaris-x86-200709-pkg.tar.bz2 /opt/src/SunStudio12
# cd /opt/src/SunStudio12
# bunzip2 SunStudio12ml-solaris-x86-200709-pkg.tar.bz2
# tar xvf SunStudio12ml-solaris-x86-200709-pkg.tar
# ./installer				← "Sun Studio 12"のINSTALL
#
# perl -MCPAN -e shell
Terminal does not support AddHistory.

cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v1.7601)
ReadLine support available (try 'install Bundle::CPAN')

cpan>install DBI::DBD

cpan>install DBD::mSQL			← MySQLのInstall/DIRは"/usr/sfw"を指定

cpan> exit
Terminal does not support GetHistory.
Lockfile removed.
#
.
Blogサーバの構築(Movable Type4)
% su root
Passwd:
# mkdir /opt/src/mt
# mv MT-4_261-ja.zip /opt/src/mt
# cd /opt/src/mt
# unzip MT-4_261-ja.zip
# mv /opt/src/MT-4_261-ja /var/apache2/htdocs/.	← 展開したMTはhttpdocsの下に移動
# cd /var/apache2/htdocs/
# mv MT-4_261-ja mt				← ディレクトリ名をMTに変更
# vi /etc/apache2/httpd.conf
# cat /etc/apache2/httpd.conf			← 必要部のみ抜粋
<Directory /var/apache2/htdocs/mt>
        Options +ExecCGI
        AddHandler cgi-script .cgi
</Directory>

# /usr/apache2/bin/apachectl configtest
Syntax OK
# svcadm restart apache2
# svcs -a | grep apache2
online         15:53:00 svc:/network/http:apache2
# cd /var/apache2/htdocs/mt
# cp mt-config.cgi-original mt-config.cgi
# vi mt-config.cgi
# cat mt-config.cgi
##    Movable Type configuration file    ##

CGIPath    http://"BlogServer-URL"/mt/
StaticWebPath    http://"BlogServer-URL"/mt/mt-static

##### MYSQL #####
ObjectDriver DBI::mysql
Database mt
DBUser "MySQL's user"
DBPassword "MySQL's passwd"
DBHost localhost

##### POSTGRESQL #####
#ObjectDriver DBI::postgres
#Database DATABASE_NAME
#DBUser DATABASE_USERNAME
#DBPassword DATABASE_PASSWORD
#DBHost localhost

##### SQLITE #####
#ObjectDriver DBI::sqlite
#Database /path/to/sqlite/database/file
#
## (End of file)


  Movable Typeの動作確認@
  ブラウザで "http://localhost/mt/mt-check.cgi" にアクセス
    → システム環境やモジュール環境を確認

  Movable Typeの動作確認A
  ブラウザで "http://localhost/mt" にアクセスして"ログイン"
    → Movable Typeのシステム管理者の登録
    → "インストールを続行"
    → データベースの初期化
    → データのインストール
    → Movable Type「ログイン画面」の表示
    → システム管理者としてログイン
 
※管理者としてログインできれば、以上でBlogサーバの構築は完了です。

目次に戻る