江戸前高級魚 男の料理レシピ 飲み過ぎ注意 本日も晴天なり 横浜散歩道
あみ〜ごのblog 問い合わせ
  Solaris de サーバ構築
Linux de サーバ構築
 


  ♠ SolarisやLinuxをベースとしたネットワークサーバの構築記録を書き留めています。
  ♠ ハードウエア選定やOSインストール、IP設定などの基礎事項は省略しています。
  ♠ OSによって多少の相違点がありますので、各システム環境に合わせた調整が必要となります。
  ♠ GNUのgccやgunzipなどの各種ツールは、事前に用意(インストール)していることを前提としています。
  ♠ インストールに際しては各ドキュメント(READMEやINSTALL.txtなど)を通して理解することが最優先です。


▼OS▼ ▼Software▼ ▼構築するサーバプロジェクトのテーマ▼ ▼備考▼
22 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ脆弱性対策
21 Linux RHEL6 Linux + bondingによるネットワーク冗長化
20 Linux CentOS6 apache2 Linux + apache2によるHTTPSサーバ構築
19 Linux Ubuntu14 WordPress Linux + WordpressによるBlogサーバ構築
18 Linux CentOS6 qmail Linux + qmailによるメールサーバ構築
17 Linux CentOS6 openssh Linux + sshdによるSSHサーバ構築
16 Linux CentOS6 proftpd Linux + ProftpdによるFTPサーバ構築
15 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ構築
 
14 Solaris10 perl ASP版・行動予定表(e-ホワイトボード)
13 Solaris9 OpenSSL httpsセキュア・サーバ構築(自己認証)
12 Solaris9 OpenSSH OpenSSHによるSSHサーバ構築
11 Solaris10 Solaris10 Solaris10のシステム構築とセットアップ
10 Solaris10 MovableType MovableTypeによるBlogサーバ構築
9 Solaris10 html 初心者のためのHTML入門
8 Solaris9 qmail qmailによるPOP before SMTPの導入
7 Solaris2.6 外部からの不用な侵入を防止する
6 Solaris2.6 samba ファイルサーバの構築(NFS & SAMBA)
5 Solaris2.2 pppd pppdによるダイヤルアップサーバの構築
4 Solaris9 tcp_wrappers tcp_wrappersによるアクセス制御
3 Solaris9 apache apacheによるWebサーバ構築
2 Solaris2.6 sendmail sendmailとCFでメールサーバの基本設定
1 Solaris9 bind9 bind9によるDNSサーバの設定


◆ ビルダーソフトに頼らずにホームページを作ろう !! ◆−HTMLの基礎がわかる−
 
HTMLタグを知らなくても専用ソフトを使えば誰でも簡単にホームページを作成することがきます。
しかし、基礎となるHTMLの構造やルールを知っておくと何かと便利なこともあります。
昔は、エディターを使って手入力で書いていたものですがねぇ......。

@HTML入門用意する物と手順
AHTMLの基礎タグについて
BHTMLの作成まずは記述してみましょう
C背景色を用いる画面をカラフルに
D文字の修飾文字に変化を
Eページレイアウトまずは改行から
F画像の取り扱い画像ファイルの扱い方
Gリンクの指定世界中のWebSiteへホットリンク!
H表組みでページを構成綺麗なページ作りに挑戦!

.
HTML入門
◇用意するもの:	Windowsマシン(Win2000以降)の基本構成のみ

◇基礎的な手順:	(1) Windwsの"メモ帳"を起動
			(2) 最低限必要なタグを最初に記述
			(3) ファイルに名前を付けて保存する
			(4) ファイルの種類は「すべてのファイル」を選択
			(5) "ファイル名"+"html"の拡張子を用いる
			(6) 保存したファイル(*.html)をダブルクリックする
			(7) ブラウザが起動して作成したHTMLファイルが閲覧できます

.
HTMLの基礎
1. HTMLタグは、"始まり<タグ>"と"終わり</タグ>"の必ず「一対」で使用する。
    <html>  … ここからhtmlが始まり
    </html> … ここでhtmlが終わる

2. 最低限必要なタグ
    <html>   </html>	:htmlの開始と終了
    <head>   </head>	:ファイルのヘッダー部の開始と終了
    <title>  </title>	:ページタイトルの記述
    <body>   </body>	:bodyの中に本文を記述

3. 実際のHTML記述
    <html>
    <head>
    <title> ※タイトルを記述※ </title>
    </head>
    <body>
    ※ココに本文を記述※
    </body>
    </html>
.
HTMLの作成
Windowsのメモ帳を起動してHTMLファイルを記述してみましょう!

1. 記述例に習って実際に記述して下さい。
    <html>
    <head>
    <title>初めてのHTML</title>
    </head>
    <body>
    <font size=+2>HTMLを使って世界中に情報発信しよう!</font>
    </body>
    </html>

2. ファイルに"test.html"の名前を付けて保存します

3. 保存したファイルtest.htmlをエクスプローラでダブルクリック!

4. Webブラウザ(IEなど)が起動して記述した文字が見えるはずです。
.
背景色を用いる
1. 背景色の指定はタグのオプションとして記述
     <body bgcolor="#xxxxxx">   :"xxxxxx" 部分に指定する色を記述

2. オプションの色指定は16進数で表記する
     <body bgcolor="#000000">   :"000000"は黒を意味する

3. 実際の色と指定記述の例
   bgcolor="#ff0000"(赤)
   bgcolor="#000000"(黒)
   bgcolor="#ffffff"(白)
   bgcolor="#007700"(緑)
   bgcolor="#0000ff"(青)
   bgcolor="#ffff00"(黄)
   bgcolor="#ff00ff"(紫)
.
文字の修飾
1. 文字の大きさは<font></font>タグに"size=xx"オプションを付けて表現する。
    <font size=-2>		文字の大きさ
    <font size=-1>		文字の大きさ
    <font size=+0>		標準の大きさ
    <font size=+1>		文字の大きさ
    <font size=+2>		文字の大きさ

2. 文字の色は<font></font>タグに"color=#xxxxxx"オプションを付けて表現する。
    <font color="#ff0000">	赤い文字
    <font color="#007700">	緑の文字
    <font color="#0000ff">	青の文字
    <font color="#ffff00">	黄の文字

3. その他の修飾
    <b>強調</b>			強調
    <i>斜体</i>			斜体
    <!-- コメント -->	"<!--" と "-->"で囲まれた部分はコメント扱い
.
ページレイアウト
1. 文章の改行
    使用タグは<br>または<p>
    <br>:文章の最後に付けて改行させる
    <p> :文章の最後に付けて改行して1行空ける

2. センタリング
    
<center>これがセンタリング</center>
3. 罫線 罫線で文章を区切って読みやすくする 使用タグは<hr>で、オプション"size=x"でサイズを変更できる
 
 <hr>(標準)
 
 <hr size=3>
 
 <hr size=5>
 
 <hr size=9>
 
 <hr size=4 color="#007700">
.
画像の取り扱い
1. 扱える画像
    html表示で扱えるファイル形式は3種類のみ
    GIFファイル(*.gif)、JPEGファイル(*.jpg)、PNGファイル(*.png)

2. 画像表示の方法
    <img>タグにsrc="xxxxx"オプションで表示する画像を指定 (<img src="ファイル名">)
     -例1- <img src="../pics/sample.gif">
     -例2- <img src="http://xxx.yyy.co.jp/pics/sample.jpg">
            ※指定するファイル名は相対指定(例1)でも絶対指定(例2)でもOK!
            ※<img>タグは、"対"でなく"単独"で使用する。

3. 実際の画像表示
 (htmlソースの記述)(表示結果)
 <img src="../pescado/img/img001.jpg">
 <img src="http://www.amigo.jp/pescado/img/img001.jpg">
.
リンクの指定
1. 様々なページへのリンク
    ローカルマシン内だけでなくネットワークで繋がった世界中のページへリンクすることができる

2. リンク指定の方法
    <a> </a>タグに"href"オプションを使用してリンク先のパスを指定する
     -例1- <a href="../test/index.html">
     -例2- <a href="http://xxx.yyy.co.jp/">
            ※指定するリンク先は相対指定(例1)でも絶対指定(例2)でもOK

3. 実際のリンク指定
 (htmlソースの記述)(表示結果)
 <a href="./index.html">ここ</a>をクリック
するとカテゴリのトップへ
ここをクリックするとカテゴリのトップへ
 <a href="http://www.amigo.jp/">ココ</a>を
クリックするとアミーゴのトップへ
ココをクリックするとアミーゴのトップへ
.
表組みでページを構成
マス目を使った表組をレイアウトに採用することで、ページ全体にまとまりができます。
まずは表組の基礎を身に付けて、他ページのソースなどからテクニックを習得しよう!

1. 使用する基本タグ<img>
    <table>
    <td>     </td>
    </table>

2. 各種オプション
     <table>タグのオプションで border="x"
       "x"の値を変えることで表線のサイズ(太さ)が変わる
       <table border=2>
       <td>  〜  </td>
       </table>

     <td>タグのオプションで bgcolor="#xxxxxx"
       表組内の背景色を指定することができる
       <table border=1>
       <td bgcolor=#00ffff>  〜  </td>
       </table>

     <td>タグのオプションで align="center"(センタリング)やalign="right"(右寄せ)
       表組内の文字位置を指定(デフォルトでは左寄せ)
       <table border=1><td ailgn=center>  〜  </td></table>
       表組内の文字は通常と同じように修飾できる
       <table border=1><td><font color="#ff0000">  〜  </font></td></table>

3. 実際の表組を作成
    (ソースの表示)
    <table border=2>
    <td>マス@</td><td>マスA</td>
    </table>
      (表示結果)
マス@マスA
    (ソースの表示)
    <table border=1>
    <tr><td>マス@</td><td>マスA</td></tr>
    <tr><td>2行目マス@</td><td>2行目マスA</td></tr>
    </table>
      (表示結果)
マス@マスA
2行目マス@2行目マスA
    (ソースの表示)
    <table border=1>
    <tr><td align=center>中央</td>
	   <td align=right>右寄せ</td></tr>
    <tr><td bgcolor=#ff5500>2行目は橙色</td>
	   <td bgcolor=#ff5500><font color=ffffff>
  	  これは白抜き</font></td></tr>
    </table>
      (表示結果)
中央右寄せ
2行目は橙色これは白抜き

目次に戻る



WEB行動予定表 無料トライアル - スマホで社員のスケジュール管理
広告  www.linux55.com/
スマホやPCで社員・スタッフの行動予定を一元管理。クラウド対応のWEBホワイトボード