江戸前高級魚 男の料理レシピ 飲み過ぎ注意 本日も晴天なり 横浜散歩道
あみ〜ごのblog 問い合わせ
  Solaris de サーバ構築
Linux de サーバ構築
 


  ♠ SolarisやLinuxをベースとしたネットワークサーバの構築記録を書き留めています。
  ♠ ハードウエア選定やOSインストール、IP設定などの基礎事項は省略しています。
  ♠ OSによって多少の相違点がありますので、各システム環境に合わせた調整が必要となります。
  ♠ GNUのgccやgunzipなどの各種ツールは、事前に用意(インストール)していることを前提としています。
  ♠ インストールに際しては各ドキュメント(READMEやINSTALL.txtなど)を通して理解することが最優先です。


▼OS▼ ▼Software▼ ▼構築するサーバプロジェクトのテーマ▼ ▼備考▼
22 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ脆弱性対策
21 Linux RHEL6 Linux + bondingによるネットワーク冗長化
20 Linux CentOS6 apache2 Linux + apache2によるHTTPSサーバ構築
19 Linux Ubuntu14 WordPress Linux + WordpressによるBlogサーバ構築
18 Linux CentOS6 qmail Linux + qmailによるメールサーバ構築
17 Linux CentOS6 openssh Linux + sshdによるSSHサーバ構築
16 Linux CentOS6 proftpd Linux + ProftpdによるFTPサーバ構築
15 Linux Ubuntu12 bind9 Linux + bind9によるDNSサーバ構築
 
14 Solaris10 perl ASP版・行動予定表(e-ホワイトボード)
13 Solaris9 OpenSSL httpsセキュア・サーバ構築(自己認証)
12 Solaris9 OpenSSH OpenSSHによるSSHサーバ構築
11 Solaris10 Solaris10 Solaris10のシステム構築とセットアップ
10 Solaris10 MovableType MovableTypeによるBlogサーバ構築
9 Solaris10 html 初心者のためのHTML入門
8 Solaris9 qmail qmailによるPOP before SMTPの導入
7 Solaris2.6 外部からの不用な侵入を防止する
6 Solaris2.6 samba ファイルサーバの構築(NFS & SAMBA)
5 Solaris2.2 pppd pppdによるダイヤルアップサーバの構築
4 Solaris9 tcp_wrappers tcp_wrappersによるアクセス制御
3 Solaris9 apache apacheによるWebサーバ構築
2 Solaris2.6 sendmail sendmailとCFでメールサーバの基本設定
1 Solaris9 bind9 bind9によるDNSサーバの設定


◆ ファイルサーバの構築 ◆−NFS or SAMBAによる資源の有効活用−
 
UNIX間でのファイルの共有では、NFSを用いて簡単にファイル共有化が可能となる(NFSサーバの構築)。
UNIXとWindows間でのファイルの共有では、SAMBAを用いたファイルの共有化ができる(SAMBAサーバの構築)。

NFSサーバの構築
SAMBAサーバの構築

.
NFSサーバ設定
% su root
Passwd:
# vi /etc/dfs/dfstab
# ls -l /etc/dfs/dfstab
-rw-r--r--   1 root     sys          393  9月 26日  23:02 /etc/dfs/dfstab
# cat /etc/dfs/dfstab
##
##       Place share(1M) commands here for automatic execution
##       on entering init state 3.
##
##       Issue the command '/etc/init.d/nfs.server start' to run the NFS
##       daemon processes and the share commands, after adding the very
##       first entry to this file.
share -F nfs -o rw=hostA /home/userA		← ホスト"hostA"に"/home/userA"をread,writeで共有
share -F nfs -o ro /home/all_users		← 全クライアントに"/home/all_users"をread onlyで共有
## (End of dfstab)
NFSクライアント設定
% su root
Passwd:
# vi /etc/vfstab
# ls -l /etc/vfstab
-rw-r--r--   1 root     sys          562  9月 26日  23:17 /etc/vfstab
# cat /etc/vfstab
/dev/dsk/c0d0s0  /dev/rdsk/c0d0s0     /        ufs    1    no    -
/dev/dsk/c0d0s6  /dev/rdsk/c0d0s6     /usr     ufs    1    no    -
/dev/dsk/c0d0s3  /dev/rdsk/c0d0s3     /var     ufs    1    no    -
server:/home/userA	         -         /home     nfs    -    yes   rw
server:/home/all_users	-         /export   nfs    -    yes   ro
※クライアント/サーバの両システムでshutdownを実行し、
 サーバ→クライアントの順で起動すればNFSサーバ構築は完了です。
.
SAMBAサーバ構築
 
事前にlibiconvをインストール
一時的にbinutils-2.18をインストールしてldを使用
sambaの最新版:   http://www.samba.org/
 
% su root
Passwd:
# cd /usr/ccs/bin
# mv ld ld_default
# ln -s ../../local/bin/ld ./		← ldを一時的にbiutulsで入れたGNUのldと入れ替
# exit
%
% cd /opt/src
% gunzip samba-3.3.8.tar.gz
% tar xvf samba-3.3.8.tar
% cd samba-3.3.8/source
% pwd
/opt/src/samba-3.3.8/source
% vi Makefile.in
% cat Makefile.in
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
VPATH=@srcdir@				83行目
srcdir=@abs_srcdir@			84行目
builddir=@abs_builddir@			85行目
SHELL=/bin/bash				86行目
DESTDIR=/					87行目
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
% ./configure --prefix=/usr/local/samba --with-libiconv=/usr/local
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
creating Makefile
% make
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
# su root
Passwd:
# make install
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
# cd ../examples
# cp smb.conf.default /usr/local/samba/lib/smb.conf
# vi /usr/local/samba/lib/smb.conf			(Create configuration file for samba)
# cat /usr/local/samba/lib/smb.conf			(必要箇所のみ抜粋)
[global]
workgroup = Workgroup
server string = Samba Server
hosts allow = 210.150.110.45
log file = /usr/local/samba/var/log.%m
max log size = 50
security = user					; SambaサーバとWindowsのユーザー名が同一の場合
encrypt passwords = yes				; WindowsNT4(sp3〜)/98がクライアントの場合
socket options = TCP_NODELAY

[user_dir]
comment = User's Service
path = /home/users					; /home/users のディレクトリを共有
valid users = user1				; ユーザは user1 に限り
public = no					; 登録ユーザ以外は不可
writable = yes					; 書き込み可能
printable = no					; プリンターは使用しない

# /usr/local/samba/bin/testparm			(smb.conf の記述チェック)
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
# 
# chmod 700 /var/tmp/samba-3.3.8/source/var/script/mksmbpasswd.sh
# ls -l /var/tmp/samba-3.3.8/source/var/script/mksmbpasswd.sh
-rwx------   1 1002     1002          205 Sep 25  1998 mksmbpasswd.sh*

sambaサーバへ接続するユーザ/パスワードを登録
# cat /etc/passwd | /var/tmp/samba-2.0.6/source/var/script/mksmbpasswd.sh > 
						/usr/local/samba/private/smbpasswd
# /usr/local/samba/bin/smbpasswd "user1"
New SMB password:
Retype new SMB password:
Password changed for user "user1".

sambaの起動ファイルを作成
# vi /etc/rc2.d/S90samba
# cat /etc/rc2.d/S90samba
## samba daemon start
if [ -f /usr/local/samba/bin/smbd ]; then
	/usr/local/samba/bin/smbd -D
fi
if [ -f /usr/local/samba/bin/nmbd ]; then
	/usr/local/samba/bin/nmbd -D
fi
##
 
※全ての設定に問題がなければ、システムをrebootして設定は終了です。
Windowsマシンの"ネットワークコンピュータ"から"samba server"が認識できます

目次に戻る



WEB行動予定表 無料トライアル - スマホで社員のスケジュール管理
広告  www.linux55.com/
スマホやPCで社員・スタッフの行動予定を一元管理。クラウド対応のWEBホワイトボード